HOME > レシェルコラム > アーカイブ > 私の七十二考察

レシェルコラム 私の七十二考察

【七十二候から読む】うおこおりをいずる 癒しイメージが幸せを運ぶ



凍てつくような寒さが1週間以上続いた北海道。



ようやく厳しい寒さのトンネルも抜けたようですね。



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。




毎日毎日、こんなに寒いと、やりたい行動もついつい億劫になりがち。。



気分も落ち込みがちなこんな季節。



こんな時、あなたの対処方法はありますか?



寒い中でも、アクティブでいたい!!

買い物に出かけようと思ったけれど、面倒で辞めてしまった。。



友達からの誘いにも、行く気が起こらない。。



そんな時、あなただったらどのような行動をとりますか?



家でダラダラしているなんて、怠け者のワタシ。。。



友達に断るのは悪いから、行っておこうかな。。。



こんな風に考えてしまう人って意外と多いところです。



自分がしたくない事を無理に行う。



自分より、人の行動を優先して無理して合わせてしまう。



こんな行動は、どうしても気持ちが不安定になってしまいます。



冬は更に、寒さそのものにストレスを受けやすい季節。



そんな時に、真っ先にあなたの身体へ不調を来す箇所は何処か知っていますか?



それは、自律神経です。



ストレス過多の状態は自律神経が乱れやすい可能性があります。



そして、自律神経の働きが乱れると、私たちの呼吸は、自然と早くなってしまっています。



呼吸は自分の自律神経の働きを確かめるバロメーター!!



そして呼吸は、自分で自律神経をコントロールできる、唯一の手段なんですよーー^^



ストレス過多の時ほど、呼吸でリラックス!!

話は変わりますが、また季節が一つ進みました。



二十四節気  立春


七十二候   魚上氷(うおこおりをいずる)





川や湖の水がぬるみ、表面の氷が割れて、魚が飛び出してくる様が描かれています。




目には見えないところで着実に春が近づいている様が、感じられる美しい言葉ですね^^



あなたも少し想像してみてください。



薄氷が張った氷の下で、ゆらゆらと泳ぐ魚たち。



そして、割れた氷から時々ポシャっと飛び上がる魚たちの様子。



このような風情を、実際に味わう事は、都会ほど難しいですね。



しかし、想像力さえあれば、誰だってイメージする事ができるのです!



あなたが想像した光景は、川でしたか? 湖でしたか?



飛び跳ねた魚の大きさなどはどうでしたか?



イメージからくる環境設定



そして、この感覚を五感を通して更にイメージしてみてください^^



さあ、イメージが頭の中に浮かびましたか?



五感を使ってストレス解消出来る方法!

私が、五感トレーナーとして感じる事。



私たちのもともと生まれながらに持っている五感を沢山刺激すると、



沢山の感動と幸せに包まれる事が出来ます。




特に眼で楽しむ = 視覚



視覚からの情報量が多い人間は、眼で楽しむ事がやはり基本です。



視覚  割れた氷から勢い良く跳ねる、生き生きとした魚たち


聴覚  氷が割れた音や、跳ねた魚のポシャっという音


嗅覚  その場所の木々や水の匂い


触覚  まだ肌寒いこの季節の空気や、雪の感触


味覚  もし、魚を食べたら? (笑)(笑)




さあ、いかがでしょう?



このような感覚は、当たり前過ぎて、言われないと意識しない感覚かもしれません。



しかし、私も普段あまり目にしない光景をイメージしただけで、どこか昔懐かしいような気がしました。



懐かしいがもたらす感情



あなたも旧友と久しぶりに再会した際など、思い出話などを沢山すると思います。



そんな時、心の中には、やすらぎと安心感が湧いてくるはず。



これは、過去の経験に縛られるということではありません。



ただ、こんな懐かしい感覚は、あなたの自律神経を穏やかにし、



意外なストレス解消方法となったりします。



避けようもない、現代社会の雑踏の中で暮らしている私たち。



たまには、こんな空間や感覚に包まれてみるのも良いのではないでしょうか。



そして、このような些細な事を、生活に一つエッセンスとして加える事で、



あなたの呼吸も穏やかに落ち着くでしょう^^



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^

【七十二候から読む】はるかぜこおりとく 五感を使い旬を楽しむコツ!


2019年の大寒も過ぎ、季節が大きく進みました!



待ちに待ったの到来です!!



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



とは言え、毎日寒い日が続きます。。。



寒い外気と打って変わって、気持ちだけでも暖かくいたいものですね^^



今の季節は何?

二十四節気  立春


七十二候 はるかぜこおりとく

              ◎ 二月八日頃まで

       うぐいすなく
       ◎ 二月十三日頃まで



二月三日に季節の節目の節分を終え、いよいよ新しい季節がスタートしました!



二十四節気では、立春



そうです^^春の到来です!!



とは言え、まだまだ冬本番の寒さが続く毎日。。。



特に今週は、凍りつくような寒さが続いている毎日。。



でも、立春に入ったということは、この寒さもあと少しの辛抱!!と思えますよね。



きっと、この数日を乗り越える事が出来たら、春がグンと近くなることでしょう!



そして、二十七候から言っても、この季節が1年のはじめの季節です。



あなたの新年のスタートは、どのように迎えられましたか?



春を感じるウグイスのさえずり

ホーホケキョ



このさえずり声をイメージすると、春の訪れをイメージする方も多いのではないでしょうか。



冬の間、山の中で過ごしたうぐいすは、春の訪れと共に平野へと降りてくるそうです。



一般的に温暖な地域ほど、早く鳴きはじめるうぐいす。



私の住む北海道でうぐいすのさえずりが聞こえるには、もう少し時間がかかるでしょう。



現代の二月の大きなイベントと言えば、、、



バレンタインデー




テレビや雑誌などで、毎年のように新しいチョコレートの話題が盛り沢山ですね。



日本でも、古来からその季節に合ったお菓子を食べる習慣があります。



そう、丁度立春を迎えた今の季節の旬のお菓子は



うぐいす餅



青きな粉をまぶしてあるうぐいす餅は、今の季節を楽しむのにピッタリ!!



チョコレートであれ、和菓子であれ、誰もが大好きな甘いお菓子^^



食べたら幸せになります^^



しかし、あなたは本当にその美味しさを感じて、食べていますか?




どうすれば更に美味しく味わうことが出来るでしょうか。



その答えは五感を如何に使って食べるかどうかです。




五感を使って、至福の時間を大切に。

甘いお菓子



美味しい食べ物




こんなものは、私たちに至福のひと時をもたらしてくれます。



それなのに、、、、



また食べちゃった。。。



気付いたら食べ過ぎていて、後悔。。




こんなお話をよく耳にします。



せっかく美味しいものを食べていても、食べた後の罪悪感に押しつぶされてしまったら。。。



その幸福感は何処へ行ってしまうのでしょう?



美味しく食べる事は悪くありません。



美味しいものを食べる事は、身体にも心にもとても良い事なのです。



では、なぜ食べてしまって罪悪感って生まれてしまうのでしょう?



甘いものは太る



あなたの頭の中にある先入観と思い込みではないでしょうか?



こんな思い込みや感情から脱却する良い方法が実はあるんです!!



五感を使って食べる食事の作法



五感をフルに使って食べてみれば、食べ物の味わいが変わってきます。




視覚で食べ物をよく見る


嗅覚で食べ物の匂いをよく嗅ぐ


味覚で食べ物の味をよく味わう


触覚で食べ物の大きさ、歯触りを感じる


聴覚で食べ物の咀嚼音を聞く




そして、ゆっくり身体の中を通る感覚を追いながら、食べ物が落ちていくのを感じる。




こんな感覚を大切にして、何か甘いものでも食べてみてください。



きっと、あなたの身体は、沢山食べなくても、満足サインを出してくれるでしょう。



食べて罪悪感が生まれてしまった時は、身体が満足出来ていない証拠かもしれません。



あなたも五感をフル活用して、美味しく食べるコツを見つけませんか?



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^


【七十二候から読む】にわとりはじめてとやにつく 今年1年の締めくくりは、新たなスタートの始まり。



一年で最も寒い季節の大寒も、終盤を迎えました。



本日も大変寒い一日となっていますが、いかがお過ごしでしょうか。



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



カレンダー上でも、2月へ突入いたしました。



新しい月を迎え、気持ち新たなスタートを切りたいところですね^^



二月二日は何の日?

二十四節気  大寒



七十二候   鶏始乳(にわとりはじめてなく)




春の到来を感じたニワトリが卵を産み始める時期ということだそうです。



ニワトリの鳴き声と言えば、、、



コケコッコー!!



この鳴き声で、新しい朝の目覚めをイメージされた方も多いのではないでしょうか。



クラシックバレエの中で、『リーズの結婚』という物語バレエがあります。



第一幕の冒頭は、村の夜明けのシーンからはじまり、ニワトリ役のダンサーがコミカル豊かに踊ります^^



日本の昔話でも、夜明けのシーンでは良く登場するニワトリ。



ニワトリって世界中で、これから始まる一日、事柄の象徴だったのですね!!



正に幸福を呼ぶ鳥です!!




節分はこの1年の締めくくりの日。

寒くて長かった冬も、あと少し。



今の大寒の季節をあと数日で終えると、次の季節は立春



待ちに待った春の到来です!!



子供のころから馴染みの深かった節分の豆まき。



節分



これは、二月四日から迎える立春を新たなスタートラインとし、



来たる新年に向けて、厄や災難をお祓いする行事なのですね。



子供の頃からイメージで節分と言えば豆まき!鬼退治!としか考えていませんでしたが、



節分の本来の意味は、、、



季節を分ける



本当は、立春、立夏、立秋、立冬の前日全てを節分と言うらしいです。



しかし、この4つの季節の中で立春が最も重視されていたため、



現代では、二月三日だけが、節分と言われるようになったそうです^^



新たな1年へ向けてのスタートです!!

立春



この時期は新たなスタートに最適な時期かもしれません。



毎日少しづつ日も長くなり、日差しも強くなってきたことを感じられます。



北海道はまだまだ雪深い季節が続きますが、



その中でも地中では、既にいろいろな動植物たちが動き出してきている模様。



躍動感たっぷりの春のエネルギー



あなたも感じることが出来ますか?



躍動 = 生き生きと活動すること



活気があり、勢いのよいさま。



あなたが生き生きと出来る事って何でしょう?



これは、元気に動き回ったり、スポーツをアクティブに楽しんだりするだけではありません。



もの静かに本を読んだり、パソコンを眺めたり、音楽鑑賞を静かにしていたりしても、



あなたが、その事に夢中になり、生き生きしているならばそれで生き生きです。



大切な事はあなたの自分の生き生き出来る環境と出来るものを見つけること。



さあ、間もなく立春の新しいスタートが始まります。



立春のエネルギーにあやかって、あなたも新しいスタートを切りましょう!!



私の目標は定まっていますよ^^



あなたも新しい年向けて、生き生きを手に入れましょう!!



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^

【七十二候考察】さわみずこおりつめる あなたにとってのファンタジーって何でしょう?

私の勝手な七十二候考察   



今日は何の日?



2019年も明けたばかりと思っていたら、あと2日で1月も終わってしまいます。



あなたの2019年1月は実りある一ヶ月でしたか?



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



寒い事が最も苦手な私にとって、この季節は本当はあまり好きではありません。



しかし、これから暖かい季節へ向かうんだ!!と再始動を決意出来る季節でもあります^^



さあ、あなたにとって、一体どんな季節になるでしょう?



本日、一月二十九日の季節は何?


二十四節気  大寒



七十二候   水沢腹堅(さわみずこおりつめる)




大寒 一年で最も寒い季節の中腹に位置する季節ということは、、、



一年のなかでの最も寒い季節の真っ底!!



寒さの中の底辺の季節ということですね。



でも、ここまできてしまえば、後は暖かい季節へ向かうだけ^^



こんな風に考えるだけで、勇気が出ます。



さわみずこおりつめる



沢のような、動きある水までが凍ってしまうということは、本当に寒い季節の象徴。



例えば、こんな風景。





沢の水どころか、滝まで凍ってしまう氷瀑。



滝の形や、水の量で姿形を自由自在に変貌させる氷瀑。



まさに自然が作り出した芸術ですね。



いくら寒い季節が苦手な私でも、こんなファンタジー観をたっぷりと味わっています^^




寒さの中にも、楽しみ方っていろいろありますね!



あなたのファンタジーの世界観とは?


ファンタジーの世界とは、非現実的とでも言いましょうか。



私は、クラシックバレエの世界に永年いるので、ファンタジーの世界を理解するのは得意のところ^^



バレエと言えば、お姫様の世界と言っても良いので (笑)(笑)



発表会の練習などで、幼い生徒たちに良く指導したセリフ



お姫様になってごらん!!




現実主義の現代っ子には、大抵気恥ずかしがられ、苦笑されてしまいますが。。。



でも、クラシックバレエの世界ってそんな世界なんです。



そして、現代の現実主義の中で生活をしている今の子供たちにとって、



この、ファンタジーの世界を体験することはとても大切な事であると私は思います。



でも、ファンタジーから感じられるものって一体何でしょうか?



それぞれが違う感覚を持つ世界観


ファンタジーの世界観は、人それぞれ違うもの。



冒険やスリル感を味わうファンタジーもあるでしょう。



現実的には有り得ない戦闘シーンを観て、ファンタジーと感じる人もいるでしょう。




どんな観点だとしても、共通しているのは、



未来に見据えてのワクワクする心ではないでしょうか。



あなたにとってのファンタジーってどんな事でしょう?




私は言うと、やはり、




息を飲むような美しい情景



ファンタジーの世界には、それぞれの場面に合った情景があります。



クラシックバレエも、舞台の背景や小道具、照明などでそんな世界観を引き出したりします。



先程の氷瀑の写真を観て考えたりもします。



この写真に収められている情景をどのようにして作られてきたか。



そして、これから春に近づくとこの氷瀑も少しづつ溶け出すでしょう。



その時にまた、姿形を変貌させてくれるでしょう。



そんな事を想像すると、この氷瀑が出来た頃から、姿を消すまでの全工程を観てみたくなります^^



私たちの人生だってきっと同じこと。



毎日の生活や学びの中から、自分自身を変容させ成長する。



そんな毎日、そんな自分を感じてみませんか?



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^






【七十二候から読む】ふきのはなさく 寒さの中で感じる早春から考える

私の勝手な七十二候考察 


一月二十四日の今日は、七十二候で読むところの何の季節でしょうか。



こんにちは!


味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



今月より勝手に始まりました、私の七十二候考察^^


また、1つ季節が進みました^^


一年で最も寒い季節の到来です。

本日、一月二十四日、


二十四節気  大寒


七十二候  ふきのはなさく



一年の季節を72季節で割っている七十二候。


となりますと、一季節が五日ほど。


こんなに目まぐるしく、季節が移り変わっていくさまと向き合っているのは、私自身はじめてかもしれません。


この七十二候は、季節の移り変わっていく様と同時に、


動植物の変化もキレイな言葉で表現してあり、こころあらわれるようです^^


きっと、今このコラムを読んでくださっているあなたも、私と同じ感覚を掴んで下さったものと思います^^


嬉しいです^^



二十四節気では、一月二十日から、大寒に入ったそうです。



大寒



読んで字のごとく、寒さが大きい



一年で最も寒い時期



この季節が大寒です。



私の住む北海道、函館市。



昨年の12月までは、気温も冷え込みも、雪の量もそれほどでもない、穏やかな毎日でした。



何より雪が少ないと、生活が楽なので、喜んでいたのですが。。。



やはり、そうは上手くいきませんせしたね。



1月に入り、北海道らしい冬到来となりました。



あなたはこんな季節、どのように過ごされていますか?



大寒の初候 ふきのはなさく

七十二候でいう、大寒の中でもはじめの季節



ふきのはなさく (一月二十日頃から)



こんな冬の真っ只中、雪の下からふきのとうが顔を出すころ、との意味らしいです。



ふきのとうといえば、春、早春の植物ですね。



私もかつて、おばあちゃんと、まだ雪残る山の斜面に生えているふきのとうを採りに行ったことを思い出しました。



ほろ苦いふきのとう



採ってきたばかりのふきのとうを、天ぷらにして食べたこと。



子供の頃のおばあちゃんとの良い思い出です^^



ちょっとここで、ふと考えました。



思い出と記憶



似ているように思いますが、具体的な違いってあるのでしょうか?



思い出と記憶って何が違う?

私なりに思う思い出と記憶とは、、、、



思い出は主観的



記憶は客観的




とでもいうのでしょうか。



おばあちゃんとの楽しかった思い出




学生時代の嫌だった試験勉強の思い出




友達と南の島へ旅行へ行った、夢の中のような思い出




これらのものには、楽しかったこと、嫌だったこと、好きだったこと。



いろいろな感情もプラスして、一緒に記憶として残っているものですね。



一方、記憶は、感情があまりないような事かな、、と考えます。



授業での暗記や記憶、地理や土地勘、電話番号。



このようなものは、あまり感情とセットで無くても大丈夫のように思います。



私のふきのとうの思い出は、おばあちゃんとほろ苦い味。



大好きだったおばあちゃんも随分前に他界しています。



年数を重ねるごとに、昔の思い出は少しづつ遠くへ行ってしまうもの。



わたしも、最近はあまり思い出す機会も無くなってしまったおばあちゃんとの思い出。



でも、こんな事でふっと思い出し、懐かしんでいました。


思い出は人との時間の共有。

思い出はどうしても、時と共に薄らいでいってしまします。



時には、思い出は悲しみを甦らせる時もあります。



しかし、この思い出は自分の中の経験の一つとなるのでは?思います。



例えば私は、グループ行動が苦手で、単独行動が得意。



いわゆる一人の時間の使い方が上手な人っていうこと。



本当は知らない人がいる飲み会などは得意ではありません。



でも、人との出会いが次の自分の道を作ってくれる事を過去の経験と思い出から得ています。



最近は見知らぬ人のいる飲み会に行くことが、ワクワクします。



今度の飲み会には、どんな人が来るんだろう?



また、新たな出会いが、次の行動に繋がるかも?



こんな感覚が、一人行動が好きな私を大きく変えました。



思い出には人は付き物



思い出とは、人との共有時間のこととも言えると思います。



私も、今年はもっともっと新しい出会いがあるよう、行動します!!



あなたとも、是非お会いできる日が来ますように!!





お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^


【七十二候から読む】きじはじめてなく キレイな心と感受性とは?

先日より始まりました、私の七十二候考察


一月十五日頃から、また一つ季節が進むそうです^^



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



まだ私としては、知ったばかりの七十二候。



いろいろ調べていくと、本当に面白い!!



あくまで、私の主観で書いているコラムです^^



ご興味ある方は、この先を読んでみてくださいね^^



幸福を呼ぶ雉(キジ)の鳴き声は、、、

二十四節気   小寒


七十二候  雉始雊(きじはじめてなく)




まだまだ、外気温は寒く、北海道では毎日の氷点下。



寒さはまだまだ続きますが、毎日少しづつ日が長くなっているのを感じます。



春を感じる第1歩の知らせ。



一月十五日より、七十二候では、季節がまた一つ進むそうです。



雉始雊(きじはじめてなく)



キジという鳥。




私の知識では、昔話の桃太郎の家来。



そのくらいの知識しかありませんでした^^ (笑)(笑)



調べてみたところ、なんと、日本の国鳥!!



そして、春をの訪れ、更には幸福も運んで来てくれる、縁起の良い鳥だったそうです!!



桃太郎も、自分の家来には、ちゃんと縁起の良い動物を選んでいるのですね^^ (笑)(笑)



丁度今頃からキジは、繫殖に向けて独特な高い声で鳴きはじめる時期だそう。



特に雄の身体の色はカラフルで勇ましいフォルムです。



雉(キジ)



この鳥には不思議が沢山ありそうですね^^



最高にキレイな鳥 キジ!

ネットでキジを調べて驚いたのは、雄鳥のなんて凛々しくてキレイな姿!!



このキジは少し飛ぶのは下手みたいです^^(笑)(笑)



そして、余談ですが、国鳥なのに狩猟OK!!



食べちゃうのもOK!!  なかなかの美味らしいですよ^^



キジは、丁度今頃の時期から、繫殖の準備に入るそうです。



鳴き声も『ケーン ケーン』といった甲高い声で求愛するそうです^^



北海道では、あまり見られないそうですが、本州などでは、野生のキジを見る機会あるそうですね^^



羨ましいです^^



私はキジの写真を見て、真っ先にキレイ!!と思いました。




美しいものを見て、素直に感動できる感性



いくらキレイなものが目の前にあっても、キレイと思える心、感性をもっていなければ、感じることができません。



さあ、あなたの感性はいかがでしょうか?



あなたのココロが持っている感性を大切に。


美しいものをみて、素直に感動できる。



私は、こんな事がとても大切な事だと思っています。



私自身としては、永年クラシックバレエに携わっているので、



年中キレイな環境に囲まれて生活しています。



その経験は、最近何より大切な経験だったと感じる事が増えてきました。



キレイ!!と感じる事で、ときめく自分を見つけられます。



対する相手のココロのキレイさにだって気付く事が出来ます。



こんなキレイな心を取り戻す事が出来たら、あなたの毎日の生活が豊かになるでしょう。



あなたにとって、大切なキレイさって一体どんな事ですか?



こんな事だって、五感を磨く事で手に入れられる感覚。



五感って本当に面白い!!



五感磨きを取り入れ、あなた自身のキレイを見つける扉を一つ開けてみましょう。



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^

1

« 睡眠 | メインページ | アーカイブ | 私の想い »