HOME > レシェルコラム > コロナに負けるな!つらい時こそ、笑顔になろう!

レシェルコラム

< Prev  |  一覧へ戻る

コロナに負けるな!つらい時こそ、笑顔になろう!

日本国内のみならず、世界中で猛威を奮っているコロナウイルス感染症。


毎日トップニュースで、感染者がどれだけ広がったのか聞かない日はない。


街の中からは人の姿も消え、幼稚園、小中高校も全国的に休校状態となっているところがほとんど。


ドラックストアからはマスクも消え、イベント行事などもほぼ中止状態。


コロナウイルスの威力は、なんて大きいものだろうか。





このような世の中の情勢では、私たちの行動範囲が狭められ、気分も晴れない日が多い。


顔の眉間にはしわが入り、表情も暗くなりがちになってしまうのは、仕方ないことかもしれない。



つらい時こそ笑顔になろう


笑う門には福来る



とも言ったりするが、本当につらい時に、笑顔をつくるなんて簡単にできることではない。



そもそも楽しくもない時に、笑顔をつくることにいったいどんな意味があるのだろう?




あなたは、ひどく疲れたてしまった時や、精神的に落ち込んだ時など、


自分の身体の変化に変化が起きていることにお気づきですか?



きっと、ガックリと身体から力が抜けてしまうような感覚に陥った経験があるだろう。




そんな身体は、身体の筋出力がプツンと切れたようになり、椅子に座りこんだりしてしまったり。。。



こんな時は、誰しもが「何もしたくない。。。」のような気持ちが湧いてきているはずだ。



無意識の感覚なのだが、私たちは座ったり歩いたりしているだけでも、それなりの筋力を使っている。



何もしたくない、、、と感じている時に、むりやり身体を動かそうとしても、きっと身体が重くて動かない。



筋出力が出ていない身体を、強制的に動かそうとしてもなかなかいうことを聞いてくれない。



しかし、忙しい私たちは、そうもしていられない。




こんな時に、試していただきたいことがある。



それは『笑顔』をつくること。




多少むりやりでも良い。



口角を引き上げ、まゆ毛も少し引き上げてみてほしい。



そうすると、あなたの身体にも変化がある感覚出てくるはず。



笑顔をつくってみると、なぜか背筋がピンと伸びる。



まゆ毛を引き上げてみると、なぜか視線が上がる。




背筋が伸び視線が上がると、スッキリしてきたり、すがすがしい感覚さえ出てくるものだ。



気持ちが上向いてくると、たとえつらいことがあったときでも、『頑張ろう!』と思えるのではなかろうか。




つらい時こそ、笑顔になろう!



こんな時だからこそ、笑顔あふれる日々を送りたい!!



毎日実践したいと思った私の一日でした。









< Prev  |  一覧へ戻る