HOME > レシェルコラム

レシェルコラム

【七十二候から読む】なむし ちょうとなる 変わりたければ、環境を変えるべし!!




只今卒業シーズン真っ只中。



幼稚園から学生さんまで、沢山の方がそれぞれの卒業の時を迎えますね。



ご卒業おめでとうございます。



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



卒業を迎えたという事は、新たな旅立ちも間もなく。



しかし、卒業を迎えていない人にだって、新たな旅立ちはありますよね。



あなたの旅立ちは一体どのような事でしょう?



新たな旅立ちは、成長させてくれる原動力!

只今の季節


二十四節気  啓蟄


七十二候   なむし ちょうとなる




なむし(菜虫)とは、モンシロチョウなどの幼虫の青虫。



冬にサナギとなった青虫たちが、春の訪れと共に美しい蝶に生まれ変わるという季節。



なんて、ドラマティックな光景でしょう。



サナギから蝶への変身



正に、今の旅立ちのシーズンにピッタリ合う季節の表現ですね。



私も、高校卒業と共に上京しました。



この経験が、人生で何度かあった、大きな旅立ちだったでしょう。



もともとあまり心配しない私は、これから始まる一人暮らしの不安なども考えず、旅立ったような気がします。



新たな旅立ち



これまでと全く別の事を始める第一歩。



しかし、全く新しい分野へ足を踏み入れる事は、とても勇気がいる事ですよね。



出来たらやりたくない。



ついやらなくて良い言い訳ばかり考えてしまう。



あなたもそんな経験はありませんか?



新しい挑戦があなたを成長させてくれる!

あなたは、最近何か新しい挑戦をしていますか?



挑戦とは、困難に立ち向かう事をいうのかな、と私は思います。



挑戦をするからこそ、新しい経験ができます。



新しい経験は、あなたを成長させてくれます。



でも、そうはわかっていても、なかなか挑戦出来ない、する機会が無いと思ってしまうところ。



しかし、難しく考えてなくて良いと私はおもいます。



挑戦するために、案外と簡単に出来る事



実はあなたの身の周りにあったりします。



それは、環境を変える事



本当は○○したいのに、なかなか行動に移せる時間が無い。



○○をやろうと思ったのに、ついつい3日坊主。。。



こんな事、沢山ありますよね。



これは、あなたの意志や行動力が無い場合もあるかもしれません。



しかし、もっと大切な事があります。



それが、環境です。



その環境そのものが、あなたの行動そのものを作り出してしまっている可能性もあるからです。



新たな挑戦を試みたければ、環境を変える事。



あなたも簡単な事から挑戦してみませんか?


サナギから飛び立つ蝶のように華々しい人生を!!

環境を変える



実はさほど難しくありません。



例えば、一人でカフェなどに入れない人。



ほんの少しの勇気を出して、カフェに入ってみれば、結構出来てしまうもの。



これで、勇気を出してみる価値、大切さもわかってくると思います。



イベントや交流会などに、行ってみたいけれど、なかなか行く勇気が無い人。



ほんの少し勇気を出して、イベントなどに行ってみると、新しいコミュニティにもで合えたりするでしょう。



こんな些細な事から、始めてみる事だって出来ます^^



もし、あなたのスポーツパフォーマンスが、思うように上がらない。。。とお悩みだったとしたら、、



あなたに合った環境設定をしっかり行ってあげると、簡単にスポーツパフォーマンスアップする事だってあります。



この一つの例が色ですね。



あなたのスポーツパフォーマンスを簡単にアップさせてくれる色がある!

→ コラム参照はこちらをクリック^^




あなたが選んでいる色次第で、スポーツパフォーマンスアップが出来たら、、



もしかしたら、今まで悩んでいた事が一気に解決していくかもしれませんよ^^



こんな事を、教えてくれる色FSEM®というメソードを、スタジオレシェルは取り入れています。



最近、遠方での方々から、FSEM®メソードを体験したい!!とのお問い合わせが増えております。



そんな方の為に、遠方でもご自宅で試していただける、メール講座を開講したいと考えております。



FSEMを体験されると、すぐわかります。



あなたの影響を与える環境設定



是非一度お試しくださいね^^



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^


諦めなくても大丈夫!あなたに希望の灯を!原点回帰となった東京旅行


今日は3月11日


東日本大震災から8年が経ちました。


そして、第2次世界大戦の東京大空襲の日でもあるそうです。


そんな感慨深い日に、このブログを東京の地で書いています。



こんにちは!


味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



東日本大震災、第2次世界大戦、東京大空襲の日


あなたはこのような日をどのような事を考え、過ごされましたか?



味感学協会シンポジウムに参加してきました。

昨日、私が所属する日本味感学協会のシンポジウムが東京で開催されました。

⇒ 日本味感学協会HPはこちら


私も協会員の一員としてシンポジウムに参加するために、東京へ来ました。




全国からメンバーが集結し、豪華ゲストの講演や今後の協会の展望などについてもお話を沢山聞いてきました。



久しぶりの再会のメンバーたちも多く、とても楽しい一時を過ごしてきました。



東日本大震災から今年で8年。



実は、私のメソードにも取り入れているFSEM®の考案者 庄島先生はこの震災の被災者です。



当時、仙台市で拠点を持っていた、庄島先生は、現地で被災されました。



その時の経験と想いから、FSEM®を世の中に発表しよう!と心に決めた、と私たちはいつも聞いています。



そして、この東日本大震災の日が、日本味感学協会の一年で一番大切な日となりました。



そして今日は、第2次世界大戦の東京大空襲の日でもあったそうです。



そんな事ばかり聞いてしまうと、ついつい元気が無くなってしまいそうです。。



しかし、今、生かされて私たちは、過去の事ばかり、いつまでも引きずっているわけにはいきません。



今、私たちに出来ること。



この事を考えていかなくてはならない、と思います。



FSEMとは、五感を使った感覚機能を取り戻すメソード

FSEM® 

five sensees effect methood


私たちが生まれて生まれながらに持っている五感機能を使ったメソード


視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚機能を利用する事で、身体の機能を呼び起こす方法です。


このFSEM®の何よりのメリットは、私たちのもともと持っている感覚機能を使用しているので、


お金がかからず、サプリメントのような副作用がほとんど起こる心配がほぼ無い事です。



もともと私たちが持っている感覚機能を使っている


だったら、何故改めて、感覚を呼び起こす必要があるのでしょうか?


その答えは、現代の便利になりすぎた生活にあるのです。



そもそも五感の感覚機能がどうして存在するかというと、外界の危険か我が身をまもるため。


例えば、五感の中の味覚を例に挙げてみると、、


あなたは、最近腐った食べ物を誤って食べてしまった事はありますか?



食べてみて、『あ、これもうダメだ!』なんて気付く食べ物自体、ほぼ目にしない今の時代。



本来の人の味覚で感じる味


酸味 …… 腐敗しているもの

苦味 …… 毒


もちろん、食べ物の中には、酸っぱいものも、苦いものもありますので全てではありません。



しかし、この私たちの身体にとって危険な味を敏感に感じる必要が無くなってしまったのは事実のところ。


それ故に、現代に住む私たちは、何を食べても、感動せず、いくらでも食べられてしまう。


実は、この症状は味覚が鈍感になってしまって、本来自分の必要なものを選ぶことが出来なくなってしまったから。


何でも食べられる


本当は、あまり幸せな事ではないのかもしれませんね。


原点回帰を感じた日になりました!

私がこのFSEM®を伝えたい理由


私のクライアントさんで、不食を目指していろいろ準備をしている方がいました。


不食について、あなり知識の無かった私は、いろいろ調べました。


何でも、食べる時間や、食べ物の事を考える時間が削減され、時間余裕もって使えるようになるとか。


ここの部分だけみれば、何だかんだ夢のような話で、このクライアントさんも憧れていたと言います。



しかし、このクライアントさんのお話を聞いてみると少し違います。


毎日の厳しい食事制限の中、なかなか瘦せられない自分へのジレンマ。


こんなにいろいろ試してみても、変わらないのであれば、いっそのこと不食の食べない生活が出来ないか。。




との考えに至ってしまったそうです。



私はこのお話を聞き、正直胸が痛くなりました。



食べる事が敵


食べ物が敵




人にとって本当は何より大切なはずの食べる事。


人にとって美味しく食べられる事は何より幸せな事。




それなのに。。。



そんな考えになってしまった、このクライアントさん。


一体何が悪かったの?



このクライアントさんは、あまりにも情報に偏って食事制限をしていたため、本当に自分に必要な食べ物を一切口にしいませんでした。


ご自身の必要な食べ物を選ぶ味覚の感度が劣っている事が原因でした。



私はこの時、このクライアントさんと同じような思いをして苦しんでいる方をFSEM®で救ってあげたい!


と思ったのです。



そして、今日は3月11日。


東日本大震災、そして、東京大空襲の日。


これらの経験で辛い思いをした方も沢山いっらしゃるでしょう。


思い出したくない思い出のを抱えてしまった方もいらっしゃるでしょう。



しかし、苦しみの後の復興。


あなたにとって、必ず希望はあるのです。


諦めなくても大丈夫。


きっとあなたにとって最善の方法が克服方法が見つかるはず。



今回の東京滞在は、私のFSEM®を伝えていく原点回帰させてもらった旅となりました。



あなたに希望の灯をつけさせてあげたい。



そんな気持ちを胸に、私もまた初心に戻ります。



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^


【七十二候から読む】すごもりむし とをひらく 人生の新しい扉を開ける時!



丁度今頃は、受験シーズン真っ只中の頃。



ワクワクと緊張が入り交じり、複雑な心境の方も多いかもしれませんね。



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



私は受験ではありませんが、今、新しい展望に向けて奮闘している真っ最中。



辛くもありますが、今後の事の妄想を膨らませ、ワクワクしている気持ちもあります。



人生の新しい扉を開ける



扉を開けるためには、あなたの未来予想図が描けていなければなりません。



さあ、あなたの未来予想図はありますか?



冬ごもりから動き出す季節到来!!

また、季節は一つ進みました。


二十四節気   啓蟄


七十二候    すごもりむし とを ひらく




冬ごもりしていた虫たちが、陽光に誘われて、もぞもぞと地中に顔を出す季節という意味だそうです。




蛇や蛙、昆虫たちが冬を過ごすために土の中へ潜んでいます。



そんな虫たちも、爽やかな風を感じ、動き出してくる様が描かれているこの表現。



なんとも、おしゃれで美しい響きですね。



この季節、学生は受験や卒業試験などの大きな節目にいる方が多いでしょう。



そして、新しい未来への展望を夢見て、新たな決心を固める方も多いのではないでしょうか。



しかし、新たな進む道の先にわかっていなければならないことは何でしょうか。



それは、自分がどうなりたいか、気付く事かな、と私は思います。



新しい扉を開くには勇気がいる!

実は、私は昨年の秋ごろから、あることに気付きました。



それは何かと言うと、、、、



自分の以外な才能



自分の才能に気付くいた、と言ってしまえば、自意識過剰のような気がして、、、



少し蓋をしていた自分がいたのも事実です。



そして、新たな事を始めるためには、どうしてもリスクが付きまとってきます。



お金、時間、労力。。。



でも、一旦気付いてしまったら、もう止められなくなってしまいました。



それは、ワクワクが止まらないから。



しかし、気付いてしまった事を実現するためには、あまりに壮大な自分の理想。。。



あーー、一体どうしたら良いのだろう。。。



新しいことへ進む恐れから、躊躇している自分。。



そこで、私は、自分の夢を数人の人へ話してみました。



その結果、、、以外な方から大きなヒントをいただき、バチン!と自分の意志が固まりました。



新しい扉を、思いっきり勢い良くあけた瞬間です。



それから、私の未来予想図はより鮮明に具体化してきました。



自分がその夢に対して向かっていく道のりがハッキリ出来てきました!



重いと思い込んでいた扉は、開けてみると、そう重いものではありませんでした^^



正に、冬ごもりしていた虫たちが、地中に出てきたイメージとピッタリ!



本当に面白いものですね^^



 自分の才能に気付いて、ワクワクしちゃいましょう^^

私が以前、ある方から言われたお話から。



才能って、嫌いではないけれど、楽しくない。



何故なら、自分にとっては、当たり前の事だから。



でも、同じリズムで、毎日淡々とこなせること。



それが、人から見た時に、凄いって言ってもらえるのが才能。




私が自分の才能に気付いたと言ったのは、実は、このお話が耳に残っていたからです。



そして、ある事を最近、沢山の方に評価いただく事が増えていました。



実は、自分では、意識してやっていなかった以外な部分。



むしろ、自分では苦手意識の方が強かったかも。。。



しかし、以前伺った才能のお話に当てはめてみると、、、



もしかして?これ??



自分にとっては嫌ではないけれど、楽しくない。



自分にとっては淡々と出来ること。



自分では大した事は無いと思うけれど、周りからは凄いと言われる事。



それらの事から紐解いていく分かった、自分の才能。



私は、今、皆さんのフォローを頂きながら、グイグイ進んでいます。



物事を生み出す苦しみは、毎日感じますが、生きてる!って感じます^^



生きがいって、きっとこういう事からみつかるもの。




さあ、あなたも自分の事をもっと知り、才能に気付き、ワクワク人生を歩みましょう!!



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ

【七十二候から読む】 そうもくめばえいずる ○○は行動を起こす源!




早くも3月に突入いたしました。



雪溶けも驚くスピードで進む函館地方。



どんどん暖かさが増し、活動的になってきますね。



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



3月は、シーズンの中でもいろいろな事がある季節ですね。



行動するために大切な○○!


二十四節気  雨水


七十二候   かすみはじめてたなびく 
        (二月二十八日頃まで)


       そうもくめばえいずる 
        (三月四日頃まで)





かすみはじめてたなびく   



霞(かすみ)とは、、、



遠くの景色が、ボーっと霞んで見える表現で、春の季語だそうです。



それを思い、ふと函館山を見てみると、函館山がボーっと霞んで見えました。



今更ながら、本当の霞の意味を、知りました^^



そうもくめばえいずる



草木が芽吹きはじめる時期との意味。



まだまだ気温は低いですが、木々の芽が膨らみはじめ、地面からは草の芽を出し、新しい命が生まれる。



イメージをしただけで、活力が湧いてくる気になれますね。



私は、頭の理屈で、物事を考えるのが苦手です。



逆に感覚的なイメージからの連想は得意です。



何かを理解しようとする時、



何かを身につけようとする時、



大切なことは、イメージをする事と私は思います。



何でもよいので、自分にピタッとはまるイメージを描けるかどうか。



さあ、あなたはいかかでしょう?



イメージが先!行動は後!!


どうしたら良いかわからない。



行動しろ!と言われるけれど、何をして良いかわからない。



最近、このような方に多く出会います。



とにかく行動!動かなければ始まらない!!



これは、皆さんとてもよくわかっているようです。



でも、自分の行動がどうにも伴わない。。。



そんな事を思っているあなたは、ここで一つ考えてみましょう。



何故そんなに行動!行動!!と思うのでしょうか?



私は、自分の望んでいる事をやりたいから、かな^^



自分の望んでいる事を手に入れるための行動



あなたは、自分の望んでいる事のイメージは出来ていますか?



これは、言語だって良い。



言葉で表現出来なければ、画像だって良い。



何でも良いのです。



そして、そのイメージにあなたはワクワクしますか?



たとえ現実になっても、ならなくても良いと思います。



考えるだけでワクワクのイメージが止まらない!!



私は、こんな事が行動というものに繋がっていくのではないか、と思います^^



自分の心地よい感覚の先には。。。


自分にとっての幸せは人それぞれ違います。



自分にとってワクワクすることも、人にとってはどうでも良い事だったりします。



あなたのワクワク感じる事って何ですか?



最近、私は今後の自分の進み道がどんどん明確となってきています。



いろいろ閃く度にワクワクが止まらない^^



しかし、一方では、あまりにも壮大すぎる自分の夢。



どう表現するべきか、自分ではどうして良いかわからない。。。



そんな時に複数の方達のアドバイスを受け、一気にイメージが具体化してきました!



その夢が実現化しそうです。



私は今、とっても子供のようにワクワクしています。



そして、ワクワクする未来に向けて、一歩一歩進んでいける自分が、好きです^^



さあ、季節もドンドン進み、明るい方へ進んでいます。



このエネルギーに後押しをしてもらって、あなたも未来のワクワクを見つけましょう!




⇒ コメント、お問い合わせはこちらからどうぞ^^

【七十二候から読む】 つちのしょううるおいおこる 動き出す季節がやってきました!



春がどんどんと近づいている様子が見えてくる近頃。



気温が暖かくなると、何でもアクティブに進めたくなってきますね!



あなたはどんな事を行動に移したい、と思っていますか?



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



寒い時期にアクティブに行動しようと思っていてもなかなかできないところ。



北海道は雪深いので、なおの事です。



さあ、今年も動き始める季節がやってきましたよ!!



つちのしょううるおいおこる どういう意味?

この季節より、二十四節気でも新たな季節へ突入いたしました。



二十四節気   雨水(うすい)


七十二候    つちのしょううるおいおこる




この季節になると、雪に変わってしっとりとした春の雨が降り始め、



冷たく締まっていた土を徐々に潤しはじめる。



土の中で眠っていた動物たちが目覚めるのももうすぐ、との意味だそうです。



先日の函館方面では、雪予報でしたが、雨混ざりのみぞれ。



日中の気温もドンドン上がり、雪解けも進み、日一日と春の兆しが感じられます。



しかし、こんな風情と感情を感じる事ができるのは、北国の人しかもしかしたら分からないのかもしれません。



私自身が、18歳で高校卒業をして、東京に住み始めて一年目。



私には冬が訪れませんでした。(笑)(笑)



正確に言うと、北国の冬しか経験したことの無かった私には、在り得ないほどの暖かさ。



年を超え、1月になっても、一体冬はいつ来るのかなーーって感じで^^ (笑)(笑)



気付いたら、春になっていました^^



北国に住んでいれば、今目の前にある雪が無くなった時点でを感じると思います。



もしかすると、北国に住む人々の方が、春を迎える喜びを一番受け止められるのかもしれませんね。



記憶に残るしあわせのうた

私は子供の頃、母親とNHKのみんなのうたを良く視聴していました。



そして、今日のコラムを書きながら、ふとこんな歌もあったな、、と思い返しました。



しあわせのうた

⇒ しあわせのうた 歌詞はこちら



東、西、南、北に住む人のしあわせを表した歌。



私は子供の頃から、何となくこの歌が好きでした。



きっと耳馴染み多い方もいらっしゃると思います。



ところが、ネットで改めて歌詞を検索してみたら、驚きました。



子供の頃の私にとっては、東西南北で終わっていた歌には、もう一つラストステージがあったのです。


未来を夢見る幸せを感じますか?

私が忘れていた、しあわせのうたのラストフレーズ



生きていることはしあわせ


悲しい時もあるけれど


未来をいつも


夢見ることが 出来るから





最後のラストステージに、こんな歌詞があったとは、衝撃を受けました。



今だったら、この意味が分かる大人ですが、



子供時代には、きっとこの事の重大さをわからなかったのでしょう。



なので、勝手に自分の記憶から削除してしまっていたのですね。



私は元々妄想好きなので、未来を考え、かってにワクワクしているタイプです^^



未来の事を考えるメリットは、私なりの考えですと、



・ ワクワクできる

・ 過去を振り返る暇が無くなる

・ 辛かったこと、悲しかったことも前向きに捉えられる



こんなところかな、っていつも思います。



その人の幸せもいろいろあるでしょう。



あなたの幸せと私の幸せも、きっと違うでしょう。



どれをとっても間違いではありません。



大切な事は、あなたの幸せを見つけること!



もしかすると、些細なところにあなたの幸せは転がっているかもせいれません。



自分の未来を夢見て、これからドンドン歩いて行きましょう!!



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^


【七十二候から読む】うおこおりをいずる 癒しイメージが幸せを運ぶ



凍てつくような寒さが1週間以上続いた北海道。



ようやく厳しい寒さのトンネルも抜けたようですね。



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。




毎日毎日、こんなに寒いと、やりたい行動もついつい億劫になりがち。。



気分も落ち込みがちなこんな季節。



こんな時、あなたの対処方法はありますか?



寒い中でも、アクティブでいたい!!

買い物に出かけようと思ったけれど、面倒で辞めてしまった。。



友達からの誘いにも、行く気が起こらない。。



そんな時、あなただったらどのような行動をとりますか?



家でダラダラしているなんて、怠け者のワタシ。。。



友達に断るのは悪いから、行っておこうかな。。。



こんな風に考えてしまう人って意外と多いところです。



自分がしたくない事を無理に行う。



自分より、人の行動を優先して無理して合わせてしまう。



こんな行動は、どうしても気持ちが不安定になってしまいます。



冬は更に、寒さそのものにストレスを受けやすい季節。



そんな時に、真っ先にあなたの身体へ不調を来す箇所は何処か知っていますか?



それは、自律神経です。



ストレス過多の状態は自律神経が乱れやすい可能性があります。



そして、自律神経の働きが乱れると、私たちの呼吸は、自然と早くなってしまっています。



呼吸は自分の自律神経の働きを確かめるバロメーター!!



そして呼吸は、自分で自律神経をコントロールできる、唯一の手段なんですよーー^^



ストレス過多の時ほど、呼吸でリラックス!!

話は変わりますが、また季節が一つ進みました。



二十四節気  立春


七十二候   魚上氷(うおこおりをいずる)





川や湖の水がぬるみ、表面の氷が割れて、魚が飛び出してくる様が描かれています。




目には見えないところで着実に春が近づいている様が、感じられる美しい言葉ですね^^



あなたも少し想像してみてください。



薄氷が張った氷の下で、ゆらゆらと泳ぐ魚たち。



そして、割れた氷から時々ポシャっと飛び上がる魚たちの様子。



このような風情を、実際に味わう事は、都会ほど難しいですね。



しかし、想像力さえあれば、誰だってイメージする事ができるのです!



あなたが想像した光景は、川でしたか? 湖でしたか?



飛び跳ねた魚の大きさなどはどうでしたか?



イメージからくる環境設定



そして、この感覚を五感を通して更にイメージしてみてください^^



さあ、イメージが頭の中に浮かびましたか?



五感を使ってストレス解消出来る方法!

私が、五感トレーナーとして感じる事。



私たちのもともと生まれながらに持っている五感を沢山刺激すると、



沢山の感動と幸せに包まれる事が出来ます。




特に眼で楽しむ = 視覚



視覚からの情報量が多い人間は、眼で楽しむ事がやはり基本です。



視覚  割れた氷から勢い良く跳ねる、生き生きとした魚たち


聴覚  氷が割れた音や、跳ねた魚のポシャっという音


嗅覚  その場所の木々や水の匂い


触覚  まだ肌寒いこの季節の空気や、雪の感触


味覚  もし、魚を食べたら? (笑)(笑)




さあ、いかがでしょう?



このような感覚は、当たり前過ぎて、言われないと意識しない感覚かもしれません。



しかし、私も普段あまり目にしない光景をイメージしただけで、どこか昔懐かしいような気がしました。



懐かしいがもたらす感情



あなたも旧友と久しぶりに再会した際など、思い出話などを沢山すると思います。



そんな時、心の中には、やすらぎと安心感が湧いてくるはず。



これは、過去の経験に縛られるということではありません。



ただ、こんな懐かしい感覚は、あなたの自律神経を穏やかにし、



意外なストレス解消方法となったりします。



避けようもない、現代社会の雑踏の中で暮らしている私たち。



たまには、こんな空間や感覚に包まれてみるのも良いのではないでしょうか。



そして、このような些細な事を、生活に一つエッセンスとして加える事で、



あなたの呼吸も穏やかに落ち着くでしょう^^



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^

【七十二候から読む】はるかぜこおりとく 五感を使い旬を楽しむコツ!


2019年の大寒も過ぎ、季節が大きく進みました!



待ちに待ったの到来です!!



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



とは言え、毎日寒い日が続きます。。。



寒い外気と打って変わって、気持ちだけでも暖かくいたいものですね^^



今の季節は何?

二十四節気  立春


七十二候 はるかぜこおりとく

              ◎ 二月八日頃まで

       うぐいすなく
       ◎ 二月十三日頃まで



二月三日に季節の節目の節分を終え、いよいよ新しい季節がスタートしました!



二十四節気では、立春



そうです^^春の到来です!!



とは言え、まだまだ冬本番の寒さが続く毎日。。。



特に今週は、凍りつくような寒さが続いている毎日。。



でも、立春に入ったということは、この寒さもあと少しの辛抱!!と思えますよね。



きっと、この数日を乗り越える事が出来たら、春がグンと近くなることでしょう!



そして、二十七候から言っても、この季節が1年のはじめの季節です。



あなたの新年のスタートは、どのように迎えられましたか?



春を感じるウグイスのさえずり

ホーホケキョ



このさえずり声をイメージすると、春の訪れをイメージする方も多いのではないでしょうか。



冬の間、山の中で過ごしたうぐいすは、春の訪れと共に平野へと降りてくるそうです。



一般的に温暖な地域ほど、早く鳴きはじめるうぐいす。



私の住む北海道でうぐいすのさえずりが聞こえるには、もう少し時間がかかるでしょう。



現代の二月の大きなイベントと言えば、、、



バレンタインデー




テレビや雑誌などで、毎年のように新しいチョコレートの話題が盛り沢山ですね。



日本でも、古来からその季節に合ったお菓子を食べる習慣があります。



そう、丁度立春を迎えた今の季節の旬のお菓子は



うぐいす餅



青きな粉をまぶしてあるうぐいす餅は、今の季節を楽しむのにピッタリ!!



チョコレートであれ、和菓子であれ、誰もが大好きな甘いお菓子^^



食べたら幸せになります^^



しかし、あなたは本当にその美味しさを感じて、食べていますか?




どうすれば更に美味しく味わうことが出来るでしょうか。



その答えは五感を如何に使って食べるかどうかです。




五感を使って、至福の時間を大切に。

甘いお菓子



美味しい食べ物




こんなものは、私たちに至福のひと時をもたらしてくれます。



それなのに、、、、



また食べちゃった。。。



気付いたら食べ過ぎていて、後悔。。




こんなお話をよく耳にします。



せっかく美味しいものを食べていても、食べた後の罪悪感に押しつぶされてしまったら。。。



その幸福感は何処へ行ってしまうのでしょう?



美味しく食べる事は悪くありません。



美味しいものを食べる事は、身体にも心にもとても良い事なのです。



では、なぜ食べてしまって罪悪感って生まれてしまうのでしょう?



甘いものは太る



あなたの頭の中にある先入観と思い込みではないでしょうか?



こんな思い込みや感情から脱却する良い方法が実はあるんです!!



五感を使って食べる食事の作法



五感をフルに使って食べてみれば、食べ物の味わいが変わってきます。




視覚で食べ物をよく見る


嗅覚で食べ物の匂いをよく嗅ぐ


味覚で食べ物の味をよく味わう


触覚で食べ物の大きさ、歯触りを感じる


聴覚で食べ物の咀嚼音を聞く




そして、ゆっくり身体の中を通る感覚を追いながら、食べ物が落ちていくのを感じる。




こんな感覚を大切にして、何か甘いものでも食べてみてください。



きっと、あなたの身体は、沢山食べなくても、満足サインを出してくれるでしょう。



食べて罪悪感が生まれてしまった時は、身体が満足出来ていない証拠かもしれません。



あなたも五感をフル活用して、美味しく食べるコツを見つけませんか?



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^


【七十二候から読む】にわとりはじめてとやにつく 今年1年の締めくくりは、新たなスタートの始まり。



一年で最も寒い季節の大寒も、終盤を迎えました。



本日も大変寒い一日となっていますが、いかがお過ごしでしょうか。



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



カレンダー上でも、2月へ突入いたしました。



新しい月を迎え、気持ち新たなスタートを切りたいところですね^^



二月二日は何の日?

二十四節気  大寒



七十二候   鶏始乳(にわとりはじめてなく)




春の到来を感じたニワトリが卵を産み始める時期ということだそうです。



ニワトリの鳴き声と言えば、、、



コケコッコー!!



この鳴き声で、新しい朝の目覚めをイメージされた方も多いのではないでしょうか。



クラシックバレエの中で、『リーズの結婚』という物語バレエがあります。



第一幕の冒頭は、村の夜明けのシーンからはじまり、ニワトリ役のダンサーがコミカル豊かに踊ります^^



日本の昔話でも、夜明けのシーンでは良く登場するニワトリ。



ニワトリって世界中で、これから始まる一日、事柄の象徴だったのですね!!



正に幸福を呼ぶ鳥です!!




節分はこの1年の締めくくりの日。

寒くて長かった冬も、あと少し。



今の大寒の季節をあと数日で終えると、次の季節は立春



待ちに待った春の到来です!!



子供のころから馴染みの深かった節分の豆まき。



節分



これは、二月四日から迎える立春を新たなスタートラインとし、



来たる新年に向けて、厄や災難をお祓いする行事なのですね。



子供の頃からイメージで節分と言えば豆まき!鬼退治!としか考えていませんでしたが、



節分の本来の意味は、、、



季節を分ける



本当は、立春、立夏、立秋、立冬の前日全てを節分と言うらしいです。



しかし、この4つの季節の中で立春が最も重視されていたため、



現代では、二月三日だけが、節分と言われるようになったそうです^^



新たな1年へ向けてのスタートです!!

立春



この時期は新たなスタートに最適な時期かもしれません。



毎日少しづつ日も長くなり、日差しも強くなってきたことを感じられます。



北海道はまだまだ雪深い季節が続きますが、



その中でも地中では、既にいろいろな動植物たちが動き出してきている模様。



躍動感たっぷりの春のエネルギー



あなたも感じることが出来ますか?



躍動 = 生き生きと活動すること



活気があり、勢いのよいさま。



あなたが生き生きと出来る事って何でしょう?



これは、元気に動き回ったり、スポーツをアクティブに楽しんだりするだけではありません。



もの静かに本を読んだり、パソコンを眺めたり、音楽鑑賞を静かにしていたりしても、



あなたが、その事に夢中になり、生き生きしているならばそれで生き生きです。



大切な事はあなたの自分の生き生き出来る環境と出来るものを見つけること。



さあ、間もなく立春の新しいスタートが始まります。



立春のエネルギーにあやかって、あなたも新しいスタートを切りましょう!!



私の目標は定まっていますよ^^



あなたも新しい年向けて、生き生きを手に入れましょう!!



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^

【七十二候考察】さわみずこおりつめる あなたにとってのファンタジーって何でしょう?

私の勝手な七十二候考察   



今日は何の日?



2019年も明けたばかりと思っていたら、あと2日で1月も終わってしまいます。



あなたの2019年1月は実りある一ヶ月でしたか?



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



寒い事が最も苦手な私にとって、この季節は本当はあまり好きではありません。



しかし、これから暖かい季節へ向かうんだ!!と再始動を決意出来る季節でもあります^^



さあ、あなたにとって、一体どんな季節になるでしょう?



本日、一月二十九日の季節は何?


二十四節気  大寒



七十二候   水沢腹堅(さわみずこおりつめる)




大寒 一年で最も寒い季節の中腹に位置する季節ということは、、、



一年のなかでの最も寒い季節の真っ底!!



寒さの中の底辺の季節ということですね。



でも、ここまできてしまえば、後は暖かい季節へ向かうだけ^^



こんな風に考えるだけで、勇気が出ます。



さわみずこおりつめる



沢のような、動きある水までが凍ってしまうということは、本当に寒い季節の象徴。



例えば、こんな風景。





沢の水どころか、滝まで凍ってしまう氷瀑。



滝の形や、水の量で姿形を自由自在に変貌させる氷瀑。



まさに自然が作り出した芸術ですね。



いくら寒い季節が苦手な私でも、こんなファンタジー観をたっぷりと味わっています^^




寒さの中にも、楽しみ方っていろいろありますね!



あなたのファンタジーの世界観とは?


ファンタジーの世界とは、非現実的とでも言いましょうか。



私は、クラシックバレエの世界に永年いるので、ファンタジーの世界を理解するのは得意のところ^^



バレエと言えば、お姫様の世界と言っても良いので (笑)(笑)



発表会の練習などで、幼い生徒たちに良く指導したセリフ



お姫様になってごらん!!




現実主義の現代っ子には、大抵気恥ずかしがられ、苦笑されてしまいますが。。。



でも、クラシックバレエの世界ってそんな世界なんです。



そして、現代の現実主義の中で生活をしている今の子供たちにとって、



この、ファンタジーの世界を体験することはとても大切な事であると私は思います。



でも、ファンタジーから感じられるものって一体何でしょうか?



それぞれが違う感覚を持つ世界観


ファンタジーの世界観は、人それぞれ違うもの。



冒険やスリル感を味わうファンタジーもあるでしょう。



現実的には有り得ない戦闘シーンを観て、ファンタジーと感じる人もいるでしょう。




どんな観点だとしても、共通しているのは、



未来に見据えてのワクワクする心ではないでしょうか。



あなたにとってのファンタジーってどんな事でしょう?




私は言うと、やはり、




息を飲むような美しい情景



ファンタジーの世界には、それぞれの場面に合った情景があります。



クラシックバレエも、舞台の背景や小道具、照明などでそんな世界観を引き出したりします。



先程の氷瀑の写真を観て考えたりもします。



この写真に収められている情景をどのようにして作られてきたか。



そして、これから春に近づくとこの氷瀑も少しづつ溶け出すでしょう。



その時にまた、姿形を変貌させてくれるでしょう。



そんな事を想像すると、この氷瀑が出来た頃から、姿を消すまでの全工程を観てみたくなります^^



私たちの人生だってきっと同じこと。



毎日の生活や学びの中から、自分自身を変容させ成長する。



そんな毎日、そんな自分を感じてみませんか?



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^






足甲や足裏が痛い!!プロトレーナーが教える痛みの原因とは?


足甲の骨に穴が空き、歩けなくなってしまいました。。。



先日、何気に見ていたワイドショーで、歌手の方がこんな記者会見をされていました。



足甲の骨に穴が空く??



こんにちは!



味で身体を変える五感トレーナー 鈴木麻理子です。



足甲や足裏は、私たちの身体の体重を受け止める大切な箇所。



おそらく、尋常な痛みではなかったでしょう。



しかし、足甲の骨の骨が突然陥没することが、本当にあるのでしょうか?



足部は、あなたの身体を支える土台です。

足部とは、、、




広い意味での足部は膝下



もっと絞ると、くるぶしから下の箇所を指す足部。



実際のところ、あまり足部に関心を持ってトレーニングをされる方は少ないです。



姿勢やお腹周り、お尻など目に付く部分を何とかしたい!!



大抵のクライアントさんははじめに言われます。



しかし!!そんな方達が共通してダメなポイント



それが、足部です!!



足部は、人が立ち上がった時に、全体重を支える大切な身体の部位。



それ故に、足部周囲の筋力でしっかり支える事が出来なければなりません。



足部は、私たちにとって家造りの最初の土台部分。



しっかりした土台が無ければ、頑丈な家にはなりませんよね。



私たちの身体も、この理屈と同じなんです。



さあ、あなたの足部は健康を保たれているでしょうか?




全身の骨の1/4の数が集中している足部

あなたは、私たちの身体の骨が全身でいくつあるか知っていますか?



実は、全身で206個の骨の数で形成されています。



では、足部の骨の数は?



片足で26個!



両足だと、52個!!




なんと、全身で1/4もの骨の数が、足部に集中しているのです。



そしてこの骨たちは、靭帯や腱でしっかりと固定されて、足裏のアーチを形成されています。



この足裏アーチは、私たちの身体、体重を支える大きな役割をしています。



しかし、この足裏アーチを形成しているものだって筋力です。



しっかりトレーニング出来ていないと、足裏アーチだって保てていない可能性大!!



さあ、あなたの足部の筋力はいかがでしょう?



使える足裏アーチを目指しましょう!!

あなたの足甲、足裏のお悩みはどれですか?


自分の足部にお悩みがある方は、チェックしてみてください!


□ 足裏にタコがあり、歩くと痛い


□ 長く歩くと、足裏や足甲に痛みが走る


□ 細幅の靴を履くと痛い


□ 巻き爪がある


□ 足首が痛い


□ 外反母趾がある


□ 歩いていると、足裏の骨が地面に当たる


□ 踵が痛む



このチェックに当てはまるものはありましたか?



この中で、一つでも当てはまるものがあった場合、あなたの足裏は危険です!!



はじめに書いた歌手の方の、足甲の骨の陥没。



それは、骨そのものに穴が空いた訳ではありません。



運動不足による足裏アーチの崩れ



足裏の筋力の弱さから、骨を繋いでいる靭帯などの組織が緩み、



骨がバラバラにほどけてしまった、、とでも言いましょうか。



あなただって、一生自分の足で歩きたいですよね。



誰しもが、毎日、毎年、年齢を重ねています。



歩くことができなくなれば、散歩を嗜むことだって、旅行に行く事だってできません。



毎日の生活にだって、おおきな支障が出てしまう、足裏のトラブル。



気付くのは、もしかすると今のうちかもしれません。



自分の足裏に、もう少し興味をもち、健康な足裏を取り戻しませんか?



痛みの相談だけでも受け付けておりますので、コメントしてくださいね^^



⇒ お問い合わせ、コメントはこちらからどうぞ^^




12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。